日焼けの年代

日焼けの年代

暑い時期は、日常的によけいな毛のケアが大切となってきますね。口の周り、鼻の下だって、1日だけれどもさぼったりすると、じょりじょりしてきます。韓国では、除毛に対して日本よりも意識が高いそうですね。驚くことに、おでこまで除毛をするそうです。一昔前までは広いおでこはからかわれたりもしていましたが、このごろでは広いおでこの方が美人!せまいおでこはあか抜けない!

 

なんて思いが主流みたいです。ふじ額も美人の象徴だったのが、このごろでは嫌われ者。時代の変化なんだよね。除毛したあとお肌がやはり乾燥するのでクリームを塗りますが、色々試してきましたが、容易なものが一番最善でしょう。特に小さい子が病院で処方してもらったワセリンなどの大してが活躍しています。

 

 

機械を当ててみると、毛が焼ける独特のにおいが多少ありました。しかしながら痛さも全くないので、不快感に弱い人だけれども楽観視して使えそうだよね。痛いとお手入れも嫌になってしまいますから。韓国では、脱毛に対して日本よりも意識が高いそうでしょ。驚くことに、おでこまで除毛をするそうです。一昔前までは広いおでこはからかわれたりもしていましたが、今では広いおでこの方が美人!せまいおでこはあか抜けない!なんて考えが主流みたいです。ふじ額も美人の象徴だったのが、このごろでは嫌われ者。時代の変化だねー。

 

 

日本人からしたら、アンダーがツルツルの人が温泉にいたら、逆にびっくりしますよね。海外では逆だそうです。何故そんな違いが生まれたか分かりませんが、これが文化の違いというやつなんだよね。サッカー選手って、試合前に下ヘアを剃ったり脱毛したりする人も多いそうで、驚きました。試合に全て集中するためらしいのですが、アンダー部分の蒸れや摩擦すらも排除する徹底ぶり!

 

現代はお子さんにも脱毛の需要が出てきているということで、キッズ除毛という新たなコースを出している除毛のお店もあるのですよね。どんなに可愛くペディキュアをしても、指毛が生えていたら台無し。非常にまずい状態です。それ以来足の爪を切ったりする時に、一緒に指毛も剃るようにしています。